火災保険

新価実損払い方式が多くなっています

最近の火災保険の補償は、新価実損払い方式が多くなっています。新価実損払いとは、損害を受けた時に減価償却せず、実際にかかった費用全額補償されます。今、ご加入の火災保険は、減価償却されるタイプか新価実損払いかの確認をお勧めします。

どんな時に補償されるか

今の火災保険は、火災、落雷、破裂、爆発、風災、雪災、水濡れ、盗難、水災、破損、汚損など幅広く補償されます。しかし、立地条件によっては、その補償が要らない場合があります。例えば、マンションであれば、水災は、要らないかもしれません。ご自分の立地条件によって特約を外すことも上手な加入の仕方と思います。

家財にも火災保険をかけましょう

家財に保険を付けられていない方は、多いようです。しかし 加入されることをお勧めします。火事になった時、当然、衣類、電気商品、書籍、寝具、等も損害を受けます。それらを購入するとなるとそれなりのお金がかかります。保険金の目安は、だいたい4人家族で1,000万円以上とされています。

破損、汚損とは

破損、汚損も補償されますが、破損、汚損とは、何でしょうか?
建物の場合、例えば、家具を移動していて壁を壊してしまった時に補償されます。
家財の場合もテレビを誤って倒して壊した時なども適用されます。

電気的・機械的事故の損害(故障)も補償

進化する火災保険!特約を付ければ、電気的・機械的事故の損害(故障)も補償されます。例えば、オール電化、床暖房、太陽光発電などの家に火災保険をつけられる場合は、この特約は、お勧めです。
火災事故は、あまり起きないので無頓着に加入されている方が多いようです。そのほとんどが、保険料の安さにひかれて加入されています。そして被害にあった時、あわてて相談を受けることがあります。是非、その前に確認をお勧めいたします。

 

私たち保険代理店は、お客様の建物の立地条件や建物を実際見て、災害リスク等も考えて保険提案します。また 事故の時は、お伺いして支払いのお手伝いを致します。

PAGETOP